2009年7月~9月

招かざる客       7
エヴァンゲリオン序 5
溺れる魚       5
富士山頂     7
コーラスライン  5
エスケープ・フロム・LA  5
釣りバカ   8
ハリポッターアズカバン 4
夜の大捜査線 7
ハリポタ不死鳥 5
ゴーストバスターズ  7
ゴーストバスターズ2 7
ザグリード    7
ふたりの男とひとりの女 8
NARUTO  4
ナイトミュージアム 7
トランスポーター 7
ぼくたちと駐在さんの700日戦争 7
マチルダ    7
硫黄島からの手紙 8
河童とクゥと夏休み 9
トランスポーター2 7
ウイズ   5
カンフーハッスル 3
おくりびと    7
デーヴ    8

河童とクゥと夏休みが出色のデキでした。
河童が現代社会に現れたら、こんな感じだなと。
テレビにでれる高揚感で、クゥのことを第一に考えられない瞬間がとてもリアルだったな。
「人間は簡単に変わるから気をつけろ」と犬はいう。
アニメでこんなの見たくねぇよって層には全く受けないようだ。
どこで名作が寝てるかわかんないね~

NARUTOは新作映画をやる関係で放送されてたので、3作ぐらいみた。展開が一緒だね。
①敵の圧倒的力にズタズタにやられ
②王道ジャンプワールドの友情がどうので復活
③圧倒的な力で倒す。
その流れは王道ジャンプなので、いいのですが、復活して、力がアップしてる理由が全くみえない。
とっておきの必殺技をだすわけでない、何故か勝つ。 何で?さっきと同じなので、今度の攻撃はきくの?
そこにカルタシスがない。②と③の間に理由づけがないんだよね。
ドラゴンボールなら変身するなり、必殺技がでるなりで、逆転するからカルタシスがあるわけだ。
これだけ人気あるから、本編では何かあるんだろうね。きっと(^^ゞ
[PR]
by lafin1992 | 2009-10-11 10:10 | テレビ映画


<< ご冗談でしょう、ファインマンさん 孫子・戦略・クラウゼヴィッツ―... >>