ロミオとジュリエット

3/10

1968年の作品です。
ロミオとジュリエットは一度も見たことなかったので、結構楽しみに見に行った。
・・・・・・自分の中では駄作中の駄作だな(^^ゞ

15世紀に仲の悪い○○家と△△家があって、日常的に街でケンカしたりしてる。
ロミオが○○家、ジュリエットが△△家ってお話ですね。まぁもうストーリはみえましたね。
こんなベタな話がみなさん好きなのね~
まぁベタなラブストーリーならそれはそれでいいんですが、細部がイライラする。

街でケンカになるんですが、すぐに剣をぬくんだよ。
それは殺し合いになるわね。そのわりにもうひとつ緊張感がない。
で、いざ刺したら、動揺すると。
殺す覚悟もないくせに、殺した後のことも考えずに、武器をふりわしやがって、こいつらイタスギル、
気持ち悪すぎるよ。
毎日ブラブラ遊んでるように見えるんだが、仕事とかしてないのかな?? この時代って民衆は街
に住んでないのかな?
こんなアホな連中でよく統治できてたな。
本当かね?? 
ちょっと歴史の勉強しないといかんね。

42時間仮死状態にできる薬とかでてくるし、そんな薬あるのかよ???
アホくさいんだがww
トーシロウの娘が剣で胸刺して自殺することなんて可能なんだろうか???

最後にこんな悲劇的な恋はないとか言うけどさ。アホの子がアホな行動をしてるだけの物語ですよね。
カッとなって人を殺す殺人鬼に何故に感情移入ができるのかな。
戦で男を惨殺して、女をさらってくるなんて人類の歴史にはイッパイあるぜ。
まぁアホな統治者の言葉のようだがww






沢山の?と沢山の失笑、苦笑がいっぱいの映画でした。
[PR]
by lafin1992 | 2010-03-21 20:11 | 映画


<< ある日どこかで インビクタス >>