<   2005年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

進化しすぎた脳

進化しすぎた脳 池谷祐二★★★★★★★★★☆  9/10
 中高生への対話形式の脳の講義。
 この本に出てくる高校生優秀すぎるな。
 560ナノメートルの波長、カリウムイオン、DNAとか世間の人々はスンナリ理解できる
だろうか(^^ゞ
 記憶のシミュレーションの為の巻末の行列・・・・ 全然思いだせん。その悔しさで★
一つ減らしたぜ(ぉい 
そんな話はともかく。
 いやぁ~これは面白い。
 我々は脳を使いきれてないんだ。必要以上に進化する脳・・・・面白い。 
イルカの方が脳の大きさ、シワと人より全然、ポテンシャルは高そ
うだ。あの生物は人以上に使いこなせてないな(^^ゞ
 
 脳もコンピュータと同様に電気信号。義手、人工心臓・・・・最後にデータを移した
脳も変えたら? それは自分なのか。それじゃあ人との境界線って何処。
非常に面白い論点だ。

 と、グイグイと引き込む話が沢山つまってます。
[PR]
by lafin1992 | 2005-06-15 20:41 | 読書

海馬 脳は疲れない

海馬 脳は疲れない 池谷祐二 糸井重里★★★★★★★★★★  10/10
 2年ほど前に読んだ。先日池谷氏の本(進化しすぎた脳)を読んだので、この本のレビューも書いとく。
 糸井氏との対談形式で書かれている。
 年を重ねるごとに、物忘れが酷くなったりする。
で、この本を読んでみると、科学的には間違いだと。
ある物とある物の繋がりが増える事によって、我々の頭はよくなっていくとの事。
 私には身近な馬券の話をすると、3頭ボックスなら3通り、4頭なら6通り・・・・・・・・と
加速度的に組み合わせが増える。
 経験をすればするほど脳の働きは飛躍的によくなる。

 脳細胞が毎日死んでいくって常識がありますが、絶対数が多すぎるので、問題に
ならないとの事。

 年を重ねる=衰えならば、長生きする意味はあるのか?なんて考えたりしてた。
脳の鍛錬さえすれは、毎日成長できるってこと。少なくとも後30年、あるいは40年
賢くなりつづけられるってことさ~

 生きる力のついた、私にとっての何十冊~何百冊の良書です。

 30歳も近くなったり大きく越えたりで、物忘れが激しいな~哀しいと思ったことがあ
るなら是非読んでください。

 まぁそうは言っても、物忘れは年々激しくなるよね~ 
[PR]
by lafin1992 | 2005-06-15 20:40 | 読書

知識ゼロからのワイン入門

知識ゼロからのワイン入門★★★★★☆☆☆☆☆ 5/10
 他の人のレビューのようにタイトル通りのいい本なのでしょう。

課長島耕作
の作者。このマンガは多分かなり有名なので、名前は聞いたことあるけど、読んだことがない(あるいは何回か読んだかも)
 何か挿入されてる漫画がハナにつく。内容云々の前に文章のリズムが何かキライ。何か
節々にある、気取った雰囲気に引いてしまったよ^_^;
 ワイン? いいや、別に分からなくっても(^^ゞ
[PR]
by lafin1992 | 2005-06-02 21:02 | 読書