<   2008年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

カストロ 銅像なき権力者

カストロ 銅像なき権力者 戸井十月 ★★★★★★★★☆☆8/10
 キューバってどういう国なんだと・・・
そうなんだシリーズを読んだりで興味がわいてた。

筆者がカストロに会うまでを書き、キューバの現状を描く。
会えるのか!! ちょっとワクワクする読み物にもなってます。
もちろんこの筆者の書くことを鵜呑みにするのは危険なのですが・・・・・
キューバはいい国のようだ。そういえば村上龍が好きって言ってたな。
食べ物がマズイってのはイヤだけど(^^ゞ

医療費、教育費が無料なんだ。
まともな社会主義国なんだ。
もちろん様々な問題があるんだろうけど、目指してることは間違いないようだ。

カストロの体力には驚かされた。平均3時間ほどしか眠らないらしい。
一部の人間はホントに疲れをしらないんだな。遺伝的に何が違うんだろう。

ソ連の崩壊をみて共産主義はダメだって意見があるけど、マテマテあれは共産主義じゃないぜ。政権を持ってる人間が民衆よりケタの違う暮らしをして、民衆は飢え死にがでる。明らかに間違った政策を批判できないしくみ。それのどこが共産主義なんだよ。
そもそも「なんちゃって共産主義」なんだからあれをもって失敗ってのは、無茶な見解なんだよな。

まぁ我々はもう資本主義をはじめてしまったので、今更後戻りはできないんだけどね。
[PR]
by lafin1992 | 2008-10-25 14:35 | 読書

恋愛中毒

恋愛中毒 山本文緒 ★★★★★★★★☆☆8/10
これは面白かったね。
導入部の現代に戻らんのね。どういうことだ?
陽子変なこと口走った。何だ?
おおおお!そう繋がるかと。良質なミステリとしても読めますね。
怖い 作品でした。
[PR]
by lafin1992 | 2008-10-25 13:53 | 読書

青い鳥

青い鳥 重松清 ★★★★★★★★★☆9/10
村内先生はドモり(吃音っていうらしい)のある中学の臨時教師。
一人ぼっちの生徒のいる学校に派遣?される。
短編集。
重松清は中学生の描写が痛々しいほどにリアルだ。
ちょうど僕のような心に闇のある中学生の視点なんだ。

会社で読んでて、泣きそうになった。家なら泣いてたな。

しかし中学ってのは人生で一番辛い時期だよな。
アホな教師がリアルすぎて、辛いこと思い出したぞ 笑

残念ながらリアルな世界にムラウチはいない。


青い鳥・・・・・ まさか重松清ともあろうものが読んでないってことはないよな。
幸せは身近にあるってそんな話じゃないっての。まぁ中学生の解釈ってことで流しとくか。
[PR]
by lafin1992 | 2008-10-25 13:29 | 読書

幸福論

幸福論 春日 武彦 ★★★★☆☆☆☆☆☆4/10
面白いエピソードもあるんだけど、この作家のエッセイ?
どうしていいかわからんぞ。
意味不明なオッサンの話を聞いてると概ねつまんないんだけど、時々お!!っと思う。
そんな感じか。
この作家が好きな人が読む本なのかな。
[PR]
by lafin1992 | 2008-10-25 13:27 | 読書

不気味で素朴な囲われた世界

不気味で素朴な囲われた世界 西尾維新 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆2/10
おいおい西尾さん人気作家になって、やっつけ仕事ですか~(^^ゞ
人気出ると、駄作でも売れるからな。
これはつまらんかった。読むのが苦痛だった。
会話のテンポが悪い。相手が喋らない、表情で話をすすめる
ってアホですか君は・・・・・・
[PR]
by lafin1992 | 2008-10-25 13:07 | 読書

新しいお金

新しいお金★★★★☆☆☆☆☆☆4/10

電子マネー パスモとか 
知らないの色々あるのね~
オンラインゲームに使われるゲーム上のお金が実世界のお金に換えられる。
ニートがそれで生活できるかも。

ふ~ん ってのもあるんだけど、へぇ~ だから? って感想
また読む本間違えた 笑
[PR]
by lafin1992 | 2008-10-25 13:00 | 読書

今の韓国・北朝鮮」がわかる本

今の韓国・北朝鮮」がわかる本―本当はヤバイ韓国経済!世界の最貧国北朝鮮の実体! 重村智計★★★★★☆☆☆☆☆5/10
サムスンの時価総額って韓国の2割もしめるんだね。
韓国って本当の意味での報道の自由がないんだ。テレビは現政権の批判すると、弾圧にあう
よう。韓国大統領はワイロをもらってる(もらわないと無理なしくみ)ので退任後捕まる。うーん、普通に民主主義だと思ってたので、結構驚かされた。
となるほどと思うところはあるし、自画自賛してるように朝鮮半島に詳しいってのはわかる。

が。
北朝鮮にビビってるような政策を選択してる理由はなんだろう?左翼をとりこむんだろうけど、それだけにしては変だよな。薄い本なので仕方ないけど、肝心なことを書いてないんだよな。そのくせクドクド書いてる所はかいてる。
北朝鮮を社会主義っていうは無理ないかね~ 
石油がないから、戦争なんて出来ない。40年当時の日本もそうだった。だから大丈夫だ。
そうか?・・・・・・勝てるなんて誰も思ってないだろ? 軍事力の桁が一つ二つ少なかろうが、
勝てない戦争を仕掛けることは可能じゃないのか? 政権を失うのが自分の死なら、戦争を仕掛ける、ありえないのか? その論理そんなにアホか。
意味不明な論理が見立ちますね。オレが正しいんだ!!オレオレ文は不快だ(^^ゞ
最後は自慢がはじまる。イヤ人を批判するほど君の文章は素晴らしくはないと思うぞ。
そうだったのか シリーズを読んだ後だと、非常に読みにくく感じるな。
[PR]
by lafin1992 | 2008-10-16 06:53 | 読書

容疑者Xの献身

容疑者Xの献身 東野圭吾 ★★★★★★★★☆☆8/10
流石は東野圭吾って作品ですね。ちょうど映画化するようですね。この名作を上手くつくれてか興味ありますね。
どこかのアンケートに 秘密 白夜行 とかと同じぐらいの票だった。あの超名作とか。
と思い読んだ。もちろん面白いけど、その2作品よりは落ちるかな。

結局 誰も幸せになんかなれんよ。
自首するのが、1番の選択肢なのかもしれん。
普通の人は人殺しの重圧に耐えられないものなんじゃないかな。
間違えて人殺した時は自首した方がいいんだろうな。
天才数学者は人の気持ちはまるで分らんようだ。

数学を学ぶ理由は よかったな。
入口に導く、ごく少数の人のためか。
なるほど数学が必要なのは、せいぜい上位1割ぐらいだよな。

微分積分の入口にすらたどり着けない、僕らは早く解放してくれた方がいいかも笑
[PR]
by lafin1992 | 2008-10-04 12:47 | 読書

そうだったのか!現代史2

そうだったのか!現代史2 池上 彰  ★★★★★★★★☆☆8/10
そうだったシリーズもこれで最後かな。
ホントに勉強になった。今までの無知さが恥ずかしくなる。

世界では
当たり前のように、戦争で多数の人が殺される。
当たり前のように、狂った指導者に殺される。

戦争がなく、明日食べるものに困らない。これがどれほど価値があるものかと。
来年、再来年と五体満足で元気に生きてる可能性が極めて高い。
それがどれほど、素晴らしいことなのか。
それがどれほど、幸せなことなのか。
ホントは毎日を感謝して生きなければいけないんだろうな。
[PR]
by lafin1992 | 2008-10-04 12:07 | 読書

そうだったのか!日本現代史

そうだったのか!日本現代史 池上 彰 ★★★★★★★★★☆9/10

日本赤軍、あさま山荘事件等など、名前はよく聞くけど何のことかわかってなかった事が。
日本の政党の流れとかも面白い。
そうだったのか! と感動します。

60年代、70年代はいい時代だったなんて、イメージ(戦略?)があるけど・・・・
学生運動、国が加害者の一部になる公害。
現代の方が断然住みよいと思う。
我々は先人たちに感謝して生きなければいけないのかもいれない。
あるいは人は争闘とか無理な成長とか激しい差別とか、そういうの激しい高揚感があった
方が幸せなのかもな!とも考える。
[PR]
by lafin1992 | 2008-10-04 12:06 | 読書