<   2009年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

レッドクリフ2

★★★☆☆☆☆☆☆☆3/10
見に行くんじゃなかった(笑)

戦闘シーンお金かけたね、船やら燃えて、凄い迫力だね。
ここに行く前に、もういいやって気分になってる。

曹操のキャラ設定が小悪党→ただのオバカさんになってる。もう許して下さい。「こうそんさん」を滅ぼしたってセリフを聞いて、「三国志」読んだことあるのか?と思わずにはいられない。イヤ一度でも読んでれば、こんなどうでもいいセリフに明らかな間違いを言わないって。

オチがもうグズグズすぎで・・・・・・
出来の悪いギャング映画か!
グヘヘヘこの娘を人質にとったぞ。動けまい、くはははは、
バカですか、この製作者は。
映画ってのは、時としてお金持ってる人がつくるから、こんな駄作をヒットさせることもある。

何故にそれなりに評価されてるのかが理解できんです。
[PR]
by lafin1992 | 2009-04-19 18:04 | 映画

丸かじり劇場メモリアルBOX

東海林 さだお★★★★☆☆☆☆☆5/10
食べ物ネタを4ページ程度にまとめる。甘食、卵ごはん等など・・・・・・・
600ページ以上ある。序盤楽しかったけど、半分ぐらいであきちまった。そんなことどうでもいいよと(笑)
[PR]
by lafin1992 | 2009-04-19 09:57 | 読書

数に強くなる

畑村 洋太郎 (著) ★★★☆☆☆☆☆☆4/10
なんていうかやっつけ仕事のにおいのする本ですね~
例によって激しい偏見だが(笑)テレビに喜んででる作家は信用できない。
何かテレビにでるインチキ研究者っぽい文章だよなと経歴をみると案の定(笑)

これ読んで数に強くなることはないと思うぞ。
っていうかおっさんのただの雑談本。
知らないおっさんの雑談聞いてもどうしていいのか。
[PR]
by lafin1992 | 2009-04-12 13:14 | 読書

iPS細胞 世紀の発見が医療を変える

八代 嘉美 (著) ★★★★★☆☆☆☆6/10
iPS細胞の基礎がわかると。アマゾンのレビューみると、わかりやすいと。
だからあそこに書く人の学力が高すぎるんだって。 
繰り返し読まないと理解は難しいな。が、そこまで興味がないと(笑)

ES細胞は受精卵から作る。つきつめていうと受精卵から生命がはじまるかって見解もあるので、倫理的な問題がある。
IPS細胞は体細胞(だっけ?)に6つのDNA(だっけ?笑)を導入?することにより全能性(多能性だっけ?)
をえることができる。凄い技術だね~ ヒツジのドリーでビビらされてからもう10数年たってるんだっけ??日進月歩なのね。
ウン十年後には自分の細胞から培養した肝臓とかを移植できる時代がくるかもね~ 長生きするのも、個々ではいい事かもしれんが、それはそれで全体の不幸なんだよな(笑)

クローン人間を作る技術に恐怖感が人々にはある。クローンはつくらなくっても研究者の求めるゴールがあるので、作るうまみなんてないから、やるわけがないととく。
でもさ~ うまみとか関係ない人には関係ないじゃん、知的好奇心でやっちゅうのが研究者じゃないのか??
[PR]
by lafin1992 | 2009-04-12 13:03 | 読書

フィッシュストーリー

★★★★★★★★★★10/10
完璧だ。美しいとさえ思える物語だ。
どこが泣き所かわからないのだが、泣いた(笑)
原作そんな話あったかと? わかった、あの短編と繋げて、ちょいちょいと加えたのね。
原作<<<映画 っていう珍しい映画でした。
音楽担当は斎藤和義のようで・・・・・ あの小説の音楽が聴けるなんて、それだけで感動でした。

この名作全国で17館でしかやってない。世の中おかしいね。
[PR]
by lafin1992 | 2009-04-04 21:14 | 映画